ご寄付はこちら

学会報告

JACCRO CC-11の結果が、ASCO-GI 2018で報告されました。

UPDATE : 2018/03/16

2018年1月にサンフランシスコで開催されたASCO Gastrointestinal Cancer Symposium(ASCO-GI)2018において、JACCRO  CC-11の結果が聖マリアンナ医科大学 砂川優先生より報告されました。
Initial therapy with FOLFOXIRI plus bevacizumab (bev) for RAS mutant metastatic colorectal cancer (mCRC) and gene mutations in circulating tumor DNA (ctDNA) as a predictive marker for the efficacy: JACCRO CC-11
Yu Sunakawa, Hironaga Satake, Joshua L. Usher, Yolanda S Jaimes, Yuji Miyamoto, Masato Nakamura, Hiroshi Nakayama, Nobuhiro Sugano, Akinori Takagane, Masahiro Gotoh, Takanori Watanabe, Kiyoshi Ishigure, Chihiro Tanaka, Masahiro Takeuchi, Masashi Fujii, Kathleen Danenberg, Heinz-Josef Lenz, Takashi Sekikawa, Wataru Ichikawa

JACCRO CC-05/CC-06AR_Bの結果が、ESMO 2017で報告されました。

UPDATE : 2017/09/15

2017年9月にスペイン・マドリッドで開催されたESMO 2017 Congress において、JACCRO CC-05/CC-06AR_Bの結果が昭和大学藤が丘病院 市川度先生より報告されました。
Tumor sideness and enriched gene groups for efficacy of 1st-line cetuximab treatment in metastatic colorectal cancer.
 W. Ichikawa, K. Mogushi, H. Lenz, W. .Zhang, A. Tsuji, T. Takanashi, T. Denda, K. Shimada, M. Kochi, M. Nakamura, M. Kotaka, Y. Segawa, B. Lafleur, J. Luecke, D. Thonpson, M. Moran, S. Astow, J. Hsiang, M. Fujii, Y. Sunakawa

JACCRO CC-11の結果が、ESMO 2017で報告されました。

UPDATE : 2017/09/15

2017年9月にスペイン・マドリッドで開催されたESMO 2017 Congress において、JACCRO CC-11の結果が聖マリアンナ医科大学 砂川優先生より報告されました。
Dynamic changes in levels of gene mutations using circulating DNA and efficacy of 1st-line modified FOLFOXIRI plus bevacizumab for metastatic colorectal cancer harboring RAS mutation (JACCRO CC-11).
 Y. Sunakawa, T. Sekikawa, J. Usher, H. Satake, Y. James, Y. Miyamoto, M. Nakamura, K. Kazama, A. Takagane, A. Makiyama, K. Kobayashi, Y. Kubota, M. Mori, M. Kotaka, M. Takeuchi, M. Fujii, K. Danenberg, H. Lenz, W. Ichikawa

JACCRO CC-11の結果が、第55回日本癌治療学会学術集会で報告されました。

UPDATE : 2018/03/16

2017年10月に横浜市で開催された第55回日本癌治療学会学術集会において、JACCRO CC-11の結果が、熊本大学 宮本裕士先生より報告されました。
A phase II trial of modified-FOLFOXIRI plus bevacizumab treatment for metastatic colorectal cancer with RAS mutant tumors: JACCRO CC-11
Yuji Miyamoto, Yu Sunakawa, Takashi Sekikawa, Hironaga Satake, Masato Nakamura, Masato Kataoka, Manabu Shiozawa, Akitaka Makiyama, Kazuma Kobayashi, Yutaro Kubota, Misuzu Mori, Masahito Kotaka, Masahiro Takeuchi, Masashi Fujii, and Wataru Ichikawa

JACCRO CC-11の中間安全性解析結果が、第15回日本臨床腫瘍学会学術集会で報告されました。

UPDATE : 2018/03/16

2017年7月に神戸市で開催された第15回日本臨床腫瘍学会学術集会において、ACCRO CC-11の中間安全性解析結果が、昭和大学横浜市北部病院 砂川優先生より報告されました。
RAS変異型大腸がんに対するmodified-FOLFOXIRI plus bevacizumab療法の第II相試験の中間安全性解析 (JACCRO CC-11)
Yu Sunakawa, Hironaga Sateke, Yuji Miyamoto, Masato Nakamura, Hiroshi Nakayama, Akio Higuchi, Masahiro Takeuchi, Masashi Fujii, Takashi Sekikawa, Wataru Ichikawa

JACCRO CC-05/CC-06ARの結果が、ASCO 2017で報告されました。

UPDATE : 2018/03/16

2017年6月にシカゴで開催されたASCO 2017 Annual Meetingにおいて、JACCRO CC-05/CC-06ARの結果が聖マリアンナ医科大学 砂川優先生より報告されました。
Immune-related genes to dominate neutrophil-lymphocyte ratio (NLR) associated with survival of cetuximab treatment for metastatic colorectal cancer (mCRC): JACCRO CC-05/06AR
Yu Sunakawa, Dongyun Yang, Bonnie LaFleur, John Luecke, Debrah Thompson, Miriana Moran, Stephanie H. Astrow, Jack Hsiang, Wu Zhang, Akihito Tsuji, Takehiro Takahashi, Hiroaki Tanioka, Yuji Negoro, Akinori Takagane, Satoshi Tani, Tatsuro Yamaguchi, Tetsuya Eto, Masashi Fujii, Wataru Ichikawa, Heinz-Josef Lenz

JACCRO CC-13(DEEPER)が、ASCO-GI 2017のTrial in progressで報告されました。

UPDATE : 2018/03/16

2017年1月にサンフランシスコで開催されたASCO Gastrointestinal Cancer Symposium(ASCO-GI)2017のTrial in progressにおいて、JACCRO CC-13(DEEPER)が香川大学 辻晃仁先生より報告されました。
A randomized phase II study to investigate the deepness of response (DpR) of FOLFOXIRI plus cetuximab (Erbitux) versus FOLFOXIRI plus bevacizumab as the first-line therapy in metastatic colorectal cancer (mCRC) patients with RAS wild-type tumors: DEEPER
Akihito Tsuji, Yu Sunakawa, Wataru Ichikawa, Yutaro Kubota, Mitsugu Kochi, Takashi Sekikawa, Tamotsu Sagawa, Masahito Kotaka, Masato Nakamura, Ken Shimada, Toshiki Masuishi, Hironaga Satake, Taichi Yabuno, Taichi Yoshida, Masahiro Goto, Hirofumi Ota, Yoshihiro Okita, Masahiro Takeuchi, Masashi Fujii1, Toshifusa Nakajima

JACCRO胃癌統合解析の結果が、ASCO-GI 2017で報告されました。

UPDATE : 2018/03/16

2017年1月にサンフランシスコで開催されたASCO Gastrointestinal Cancer Symposium(ASCO-GI)2017において、JACCRO 胃癌統合解析の結果が慶應義塾大学 竹内円雅先生より報告されました。
Combined analysis of three randomized Phase III trials comparing S-1 monotherapy and S-1 combination therapy for first-line treatment of advanced gastric cancer.
Madoka Takeuchi, Wataru Ichikawa, Kohei Shitara, Yu Sunakawa, Koji Oba, Hirofumi Michimae, Everardo D. Saad, Wasaburo Koizumi, Yuh Sakata, Hiroshi Furukawa, Marc E. Buyse, Masahiro Takeuchi, Masashi Fujii, Toshifusa Nakajima

JACCRO CC-05およびJACCRO CC-06の結果が、ASCO-GI 2017で報告されました。

UPDATE : 2018/03/16

2017年1月にサンフランシスコで開催されたASCO Gastrointestinal Cancer Symposium(ASCO-GI)2017において、JACCRO CC-05およびJACCRO CC-06の結果が昭和大学横浜市北部病院 砂川優先生より報告されました。
CEA response and depth of response (DpR) to predict clinical outcomes in patients (pts) with metastatic colorectal cancer (mCRC) treated with first-line cetuximab plus oxaliplatin-based chemotherapy: a sub-analysis of the JACCRO CC-05/06 trials
Yu Sunakawa, Wataru Ichikawa, Akihito Tsuji, Tadamichi Denda, Yoshihiko Segawa, Yuji Negoro, Ken Shimada, Mitsugu Kochi, Masato Nakamura, Masahito Kotaka, Hiroaki Tanioka, Akinori Takagane, Satoshi Tani, Tatsuro Yamaguchi, Masahiro Takeuchi, Masashi Fujii, Toshifusa Nakajima

JACCRO GC-06の結果が、ASCO-GI 2017で報告されました。

UPDATE : 2018/03/16

2017年1月にサンフランシスコで開催されたASCO Gastrointestinal Cancer Symposium(ASCO-GI)2017において、JACCRO GC-06の結果が国立病院機構大阪医療センター 西川和宏先生より報告されました。
Survival results of a multicenter phase II study of trastuzumab with S-1 alone in elderly patients with HER-2 positive advanced gastric cancer (JACCRO GC-06).
Kazuhiro Nishikawa, Toshiki Masuishi, Yutaka Kimura, Chikara Kunisaki, Satoshi Matsusaka, Yoshihiko Segawa,
Masato Nakamura, Kinro Sasaki, Narutoshi Nagao, Yukimasa Hatachi, Yasuhiro Yuasa, Shinya Asami, Masahiro Takeuchi,
Hiroshi Furukawa, Masashi Fujii, Toshifusa Nakajima

JACCRO CC-07の結果が、第54回日本癌治療学会学術集会で報告されました。

UPDATE : 2016/11/10

2016年10月に横浜市で開催された第54回日本癌治療学会学術集会において、JACCRO CC-07の結果が、岡山ろうさい病院 谷岡洋亮先生より報告されました。
Cetuximab併用療法耐性大腸癌に対するS-1/CPT-11/Bevacizumabの第Ⅱ相試験(JACCRO CC-07)
谷岡 洋亮、辻 晃仁、東風 貢、高橋 孝夫、傳田 忠道、小川 雅彰、渡邉 貴紀、金 浩敏、嶋田 顕、市川 度、小髙 雅人、砂川 優、中村 将人、竹内 正弘、中島 聰總

JACCRO CC-05およびJACCRO CC-06の結果が、第54回日本癌治療学会学術集会で報告されました。

UPDATE : 2016/11/10

2016年10月に横浜市で開催された第54回日本癌治療学会学術集会において、JACCRO CC-05およびJACCRO CC-06の結果が、昭和大学横浜市北部病院 砂川優先生より報告されました。
RAS野生型大腸癌における原発部位とcetuximab併用療法の予後との相関:JACCRO CC-05/06
Yu Sunakawa, Akihito Tsuji, Tadamichi Denda, Ken Shimada, Mitsugu Kochi, Masato Nakamura, Masahito Kotaka, Yoshihiko Segawa, Hiroaki Tanioka, Yuji Negoro, Tatsuro Yamaguchi, Masahiro Takeuchi, Masashi Fujii, Wataru Ichikawa and Toshifusa Nakajima

JACCRO CC-08の結果が、ESMO 2016で報告されました。

UPDATE : 2016/10/12

2016年10月デンマーク・コペンハーゲンで開催されたESMO 2016 Congress において、JACCRO CC-08の結果が香川大学 辻晃仁先生より報告されました。
Phase II study of third-line cetuximab rechallenge in patients with metastatic wild-type K-RAS colorectal cancer who achieved a clinical benefit in response to first-line cetuximab plus chemotherapy (JACCRO CC-08)
Akihito Tsuji, Tetsuya Eto, Toshiki Masuishi, Hironaga Satake, Yoshihiko Segawa, Hiroaki Tanioka, Hiroki Hara, Masahito Kotaka, Tamotsu Sagawa, Takanori Watanabe, Masato Nakamura, Takao Takahashi, Yuji Negoro, Dai Manaka, Hideto Fujita, Takeshi Suto, Wataru Ichikawa, Masashi Fujii, Masahiro Takeuchi, Toshifusa Nakajima

JACCRO CC-12の結果が、ESMO 2016で報告されました。

UPDATE : 2016/10/12

2016年10月デンマーク・コペンハーゲンで開催されたESMO 2016 Congress において、JACCRO CC-12の結果が神戸市立医療センター中央市民病院 佐竹悠良先生より報告されました。
Phase II study to evaluate the efficacy of regorafenib in metastatic colorectal cancer patients by the assessment using FDG-PET/CT (JACCRO CC-12)
Hironaga Satake, Masato Nakamura, Akihito Tsuji, Tamotsu Sagawa, Fumito Tamura, Yukimasa Hatachi, Kazuhiro Oguchi, Akinori Takagane, Tomohito Kaji, Takashi Sekikawa, Masamitsu Furukawa, Mitsugu Kochi, Wataru Ichikawa, Masashi Fujii, Masahiro Takeuchi, Toshifusa Nakajima

JACCRO CC-04の長期生存結果が、ESMO 2016で報告されました。

UPDATE : 2016/10/12

2016年10月デンマーク・コペンハーゲンで開催されたESMO 2016 Congress において、JACCRO CC-04の長期生存に関する結果等が、自治医科大学 堀江久永先生より報告されました。
S-1 plus oxaliplatin combined with radiation (SOX/RT) for preoperative locally advanced rectal carcinoma: Final results of a phase II study (JACCRO CC-04: SHOGUN Trial).
Hisanaga Horie, Satoshi Matsusaka, Soichiro Ishihara, Keisaku Kondo, Keisuke Uehara, Masahiko Oguchi, Keiko Murofushi, Masashi Ueno, Nobuyuki Mizunuma, Taiju Shimbo, Daiki Kato, Junji Okuda, Yojiro Hashiguchi, Masanori Nakazawa, Eiji Sunami, Kazushige Kawai, Hideomi Yamashita, Tohru Okada, Toshifusa Nakajima, Toshiaki Watanabe

JACCRO CC-14の結果が、18th ESMO GIで報告されました。

UPDATE : 2016/08/03

2016年6-7月にバルセロナで開催されたESMO 18th World Congress on Gastrointestinal Cancerにおいて、JACCRO CC-14の結果が香川大学 辻晃仁先生より報告されました。
Phase I trial of FOLFOXIRI in combination with Panitumumab as first-line treatment of RAS wild-type metastatic colorectal cancer (JACCRO CC-14)
Akihito Tsuji, Masato Nakamura, Masaaki Ogawa, Hironaga Satake, Takeshi Kotake, Yukimasa Hatachi, Akinori Takagane, Yoshihiro Okita, Kumi Nakamura, Toshihide Onikubo, Masahiro Takeuchi, Masashi Fujii, Toshifusa Nakajima

JACCRO CC-05/06ARの結果が、ASCO 2016で報告されました。

UPDATE : 2016/07/01

2016年6月にシカゴで開催されたASCO 2016 Annual Meetingにおいて、JACCRO CC-05/06ARの結果が昭和大学横浜市北部病院 砂川優先生より報告されました。
Association of gene signature to identify molecular subtypes associated with clinical outcomes of 1st-line cetuximab (cet) treatment for metastatic colorectal cancer (mCRC)
Yu Sunakawa, Eva Wang, Chris Roberts, Dongyun Yang, Qian Liu, Debrah Thompson, Ihab Botros, Miriana Moran, Stephanie H. Astrow, Jack Hsiang, Wu Zhang, Sebastian Stintzing, Akihito Tsuji, Takehiro Takahashi, Tadamichi Denda, Masahiro Takeuchi, Masashi Fujii, Toshifusa Nakajima, Wataru Ichikawa, Heinz-Josef Lenz

Immune-related genes predict clinical outcome of cetuximab (cet) treatment for metastatic colorectal cancer (mCRC): Immuno-Oncology assay research
Yu Sunakawa, Eva Wang, Chris Roberts, Dongyun Yang, Qian Liu, Debrah Thompson, Ihab Botros, Miriana Moran, Stephanie H. Astrow, Jack Hsiang, Wu Zhang, Akihito Tsuji, Tadamichi Denda, Ken Shimada, Mitsugu Kochi, Masahiro Takeuchi, Masashi Fujii, Toshifusa Nakajima, Wataru Ichikawa, Heinz-Josef Lenz

JACCRO CC-05/CC-06ARの結果が、ASCO-GI 2016で報告されました。

UPDATE : 2016/01/25

2016年1月にサンフランシスコで開催されたASCO Gastrointestinal Cancer Symposium(ASCO-GI)2016において、JACCRO CC-05/CC-06ARの結果が昭和大学横浜市北部病院 砂川優先生より報告されました。
Alteration of ADCC-related genes as a novel predictor of efficacy of cetuximab (cet)-based chemotherapy in patients (pts) with metastatic colorectal cancer (mCRC) (JACCRO CC-05/06 AR)
Yu Sunakawa, Dongyun Yang, Shu Cao, Chris Roberts, Eva Wang, Miriana Moran, Stephanie H. Astrow, Debrah Thompson, Jack Hsiang, Wu Zhang, Akihito Tsuji, Takehiro Takahashi, Tadamichi Denda, Mitsugu Kochi, Ken Shimada, Masahiro Takeuchi, Masashi Fujii, Toshifusa Nakajima, Wataru Ichikawa and Heinz-Josef Lenz

JACCRO CC-05およびJACCRO CC-06の結果が、ASCO-GI 2016で報告されました。

UPDATE : 2016/01/25

2016年1月にサンフランシスコで開催されたASCO Gastrointestinal Cancer Symposium(ASCO-GI)2016において、JACCRO CC-05およびJACCRO CC-06の結果が昭和大学横浜市北部病院 砂川優先生より報告されました。
Prognostic impact of primary tumor location on survival time in patients (pts) with metastatic colorectal cancer (mCRC) treated with cetuximab plus oxaliplatin-based chemotherapy: a subgroup analysis of the JACCRO CC-05/06
Yu Sunakawa, Wataru Ichikawa, Akihito Tsuji, Tadamichi Denda, Yoshihiko Segawa, Yuji Negoro, Ken Shimada, Mitsugu Kochi, Masato Nakamura, Masahito Kotaka, Hiroaki Tanioka, Akinori Takagane, Satoshi Tani, Tatsuro Yanaguchi, Masahiro Takeuchi, Masashi Fujii, Toshifusa Nakajima

JACCRO CC-12が、ASCO-GI 2016のTrial in progressで報告されました。

UPDATE : 2016/01/25

2016年1月にサンフランシスコで開催されたASCO Gastrointestinal Cancer Symposium(ASCO-GI) 2016のTrial in progressにおいて、JACCRO CC-12が相澤病院 中村将人先生より報告されました。
Phase II Study Evaluating the Usefulness of FDG-PET as an Imaging Biomarker in Patients Receiving Regorafenib for Metastatic Colorectal Cancer (JACCRO CC-12) 
Masato Nakamura, Hironaga Satake, Akihito Tsuji, Tamotsu Sagawa, Akinori Takagane, Takashi Sekikawa, Wataru Ichikawa, Kazuhiro Oguchi, Tomohiko Kaji, Mitsugu Kochi, Masashi Fujii, Masahiro Takeuchi, Toshifusa Nakajima

JACCRO GY-01の結果が、日本放射線腫瘍学会第28回学術大会で報告されました。

UPDATE : 2015/11/22

2015年11月に群馬県前橋市で開催された日本放射線腫瘍学会第28回学術大会において、JACCRO GY-01の結果が群馬大学 野田真永先生より報告されました。
局所進行子宮頸癌へのCDDP/PTX併用同時化学放射線療法の有用性に関する多施設共同第II相試験(JACCRO GY-01 trial)
野田 真永,大野 達也,馬屋原 健司,平嶋 泰之,平原 史樹,平田 英司,田畑 勉,青木 陽一,若月 優,竹内 正弘,戸板 孝文,竹島 信宏

JACCRO GC-07(START-2)の安全性評価が、第53回日本癌治療学会学術集会で報告されました。

UPDATE : 2015/11/02

2015年10月に京都市で開催された第53回日本癌治療学会学術集会において、JACCRO GC-07(START-2)の安全性評価が、神戸大学 掛地吉弘先生より報告されました。
StageⅢ胃癌に対する術後補助化学療法DS vs S-1第Ⅲ相試験(JACCRO GC-07):安全性評価
掛地吉弘、小寺泰弘、吉田和弘、太和田昌宏、東風貢、高橋正純、紀貴之、石黒敦、石榑清、市川度、佐野武、竹内正弘、藤井雅志、中島聰總

JACCRO CC-05/CC-06ARの結果が、第53回日本癌治療学会学術集会で報告されました。

UPDATE : 2015/11/02

2015年10月に京都市で開催された第53回日本癌治療学会学術集会において、JACCRO CC-05/CC-06ARの結果が、昭和大学横浜市北部病院 砂川優先生より報告されました。
大腸癌におけるcetuximab併用1次化学療法の臨床結果を予測するEGFR関連バイオマーカー
Yu Sunakawa, Akihito Tsuji, Miriana Moran, Stephanie H Astrow, Wu Zhang, Takehiro Takahashi, Tadamichi Denda, Ken Shimada, Mitsugu Kochi, Masato Nakamura, Masahiro Takeuchi, Masashi Fujii, Toshifusa Nakajima, Heinz-Josef Lenz, Wataru Ichikawa

JACCRO GY-01の結果が、第57回日本婦人科腫瘍学会学術講演会で報告されました。

UPDATE : 2015/08/10

2015年8月に岩手県盛岡市で開催された第57回日本婦人科腫瘍学会学術講演会において、JACCRO GY-01の結果が横浜市立大学 佐藤美紀子先生より報告されました。
局所進行子宮頸癌へのCDDP/PTX併用同時化学放射線療法の有用性に関する多施設共同第II相試験(JACCRO GY-01 trial)
佐藤 美紀子,宮城 悦子,馬屋原 健司,武隈 宗孝,平嶋 泰之,野田 真永,大野 達也,平田 英司,田畑 勉,長井 裕,若月 優,近藤 英司,平原 史樹,青木 陽一,竹内 正弘,戸板 孝文,竹島 信宏,瀧澤 憲

JACCRO GY-01の結果が、ASCO 2015で報告されました。

UPDATE : 2015/06/15

2015年6月にシカゴで開催されたASCO 2015 Annual Meetingにおいて、JACCRO GY-01の結果が静岡県立静岡がんセンター 武隈宗孝先生より報告されました。
Phase II study of concurrent chemoradiotherapy with weekly CDDP plus Paclitaxel in patients with locally advanced uterine cervical cancer. JACCRO-GY-01 trial.
M. Takekuma, Y. Hirashima, K. Umayahara, S. Noda, T. Ohno, E. Miyagi, F. Hirahara, E. Hirata, E. Kondo, T. Tabata, Y. Nagai, Y. Aoki, M. Wakatsuki, M. Takeuchi, T. Toita, N. Takeshima, K. Takizawa.

JACCRO CC-05/CC-06ARの結果が、ASCO-GI 2015で報告されました。

UPDATE : 2015/02/01

2015年1月にサンフランシスコで開催されたASCO Gastrointestinal Cancer Symposium(ASCO-GI)2015において、JACCRO CC-05/CC-06ARの結果が、昭和大学横浜市北部病院 砂川優先生より報告されました。
EGFR ligands and ERCC1 mRNA expression to predict clinical outcome in Japanese (JPN) patients (pts) with metastatic colorectal cancer (mCRC) harboring overexpressed EGFR and KRAS exon 2 wild-type (KRAS wt) treated with cetuximab (cet) plus oxaliplatin-based chemotherapy (JACCRO CC-05/06 AR).
Yu Sunakawa, Wataru Ichikawa, Akihito Tsuji, Miriana Moran, Stephanie H. Astrow, Dongyun Yang, Wu Zhang, Takehiro Takahashi, Tadamichi Denda, Ken Shimada, Mitsugu Kochi, Masato Nakamura, Masahito Kotaka, Yoshihiko Segawa, Masahiro Takeuchi, Heinz-Josef Lenz, Masashi Fujii and Toshifusa Nakajima

JACCRO CC-05/CC-06ARの結果が、ASCO-GI 2015で報告されました。

UPDATE : 2015/02/01

2015年1月にサンフランシスコで開催されたASCO Gastrointestinal Cancer Symposium(ASCO-GI)2015において、JACCRO CC-05/CC-06ARの結果が、昭和大学藤が丘病院 市川度先生より報告されました。
Association of EGFR CA simple sequence repeat 1 (CA-SSR1) variant with cetuximab (cet)-induced skin toxicity (ST) in Japanese metastatic colorectal cancer (mCRC) patients (pts) with overexpressed EGFR and KRAS exon 2 wild-type (KRAS wt) (JACCRO CC-05/06 AR).
Wataru Ichikawa, Yu Sunakawa, Akihito Tsuji, Takehiro Takahashi, Tadamichi Denda, Ken Shimada, Mitsugu Kochi, Masato Nakamura, Masahito Kotaka, Yoshihiko Segawa, Hiroaki Tanioka, Yuji Negoro, Akinori Takagane, Satoshi Tani, Tatsuro Yamaguchi, Toshiki Masuishi, Masahiro Takeuchi, Heinz-Josef Lenz, Masashi Fujii and Toshifusa Nakajima

JACCRO CC-10の結果が、ASCO-GI 2015で報告されました。

UPDATE : 2015/02/01

2015年1月にサンフランシスコで開催されたASCO Gastrointestinal Cancer Symposium(ASCO-GI)2015において、JACCRO CC-10の結果が神戸市立医療センター中央市民病院 辻晃仁先生より報告されました。
A phase I study of cetuximab (cet) in combination with S?1 and irinotecan (iri) (SIRC) in first-line treatment for metastatic colorectal cancer (mCRC) (JACCRO CC-10).
Akihito Tsuji, Masato Nakamura, Toshiki Masuishi, Masahito Kotaka, Ken Shimada, Mitsugu Kochi, Masahiro Takeuchi, Wataru Ichikawa, Masashi Fujii and Toshifusa Nakajima

JACCRO GC-06の結果が、ASCO-GI 2015で報告されました。

UPDATE : 2015/02/01

2015年1月にサンフランシスコで開催されたASCO Gastrointestinal Cancer Symposium(ASCO-GI)2015において、JACCRO GC-06の結果が愛知県がんセンター中央病院 舛石俊樹先生より報告されました。
Multicenter phase II study of trastuzumab with S-1 alone in elderly patients with HER-2 positive advanced gastric cancer (JACCRO GC-06)
Toshiki Masuishi, Tomono Kawase, Kazuhiro Nishikawa, Chikara Kunisaki, Satoshi Matsusaka, Yoshihiko Segawa, Masato Nakamura, Kinro Sasaki, Narutoshi Nagao, Akihito Tsuji, Yasuhiro Yuasa, Shinya Asami, Masahiro Takeuchi, Hiroshi Furukawa, Masashi Fujii and Toshifusa Nakajima

JACCRO GC-04の結果が、ESMO 2014で報告されました。

UPDATE : 2014/10/01

2014年9月にマドリッドで開催されたESMO 2014において、JACCRO GC-04の結果が和歌山県立医科大学 山上裕機先生より報告されました。
Exploratory phase II trial assessing relevance of in vitro chemosensitivity test as a predictor of survival in gastric cancer undergoing adjuvant chemotherapy (JACCRO-GC04)
H. Yamaue, T. Kubota, N. Tanigawa, S. Ohyama, S. Sakuramoto, T. Inada, Y. Kitagawa, T. Ochiai, M. Terashima, M. Gotoh, Y. Yasuda, A. Hara, H. Kato, J. Matsuyama, Y. Kodera, A. Nashimoto, T. Yamaguchi, M. Takeuchi, M. Fujii, T. Nakajima

JACCRO GC-05の結果が、第86回日本胃癌学会総会で報告されました。

UPDATE : 2014/04/01

2014年3月に横浜で開催された第86回日本胃癌学会総会において、JACCRO GC-05の結果が日本大学医学部 藤井雅志先生より報告されました。
A randomized phase III trial of second-line chemotherapy comparing CPT-11 alone versus S-1 plus CPT-11 combination therapy in advanced gastric cancer refractory to first-line therapy with S-1 (JACCRO GC-05)
Masashi Fujii, Kazuhiro Nishikawa, Kazuaki Tanabe, Chikara Kunisaki, Akihito Tsuji, Nobuhisa Matsuhashi, Akinori Takagane, Tetsuro Ohno, Tomono Kawase, Mitsugu Kochi, Kazuhiro Yoshida, Yoshihiro Kakeji, Wataru Ichikawa, Keisho Chin, Masanori Terashima, Masahiro Takeuchi, Toshifusa Nakajima

JACCRO GC-05の結果が、ASCO-GI 2014で報告されました。

UPDATE : 2014/02/01

2014年1月にサンフランシスコで開催されたASCO Gastrointestinal Cancer Symposium(ASCO-GI) 2014において、JACCRO GC-05の結果が国立病院機構大阪医療センター 西川和弘先生より報告されました。
A randomized phase III trial of second-line chemotherapy comparing CPT-11 alone versus S-1 plus CPT-11 combination therapy in advanced gastric cancer refractory to first-line therapy with S-1 (JACCRO GC-05)
Kazuhiro Nishikawa, Kazuaki Tanabe, Masashi Fujii, Chikara Kunisaki, Akihito Tsuji, Nobuhisa Matsuhashi, Akinori Takagane, Tetsuro Ohno, Tomono Kawase, Mitsugu Kochi, Kazuhiro Yoshida, Yoshihiro Kakeji, Wataru Ichikawa, Keisho Chin, Masanori Terashima, Masahiro Takeuchi and Toshifusa Nakajima

JACCRO CC-04の結果が、ASCO-GI 2014で報告されました。

UPDATE : 2014/02/01

2014年1月にサンフランシスコで開催されたASCO Gastrointestinal Cancer Symposium(ASCO-GI) 2014において、JACCRO CC-04の結果が東京大学 渡邉聡明先生より報告されました。
A phase I/II study of S-1 plus oxaliplatin combined with radiation (SOX/RT) for preoperative locally advanced rectal carcinoma. (JACCRO CC-04: SHOGUN Trial)
Toshiaki Watanabe, Satoshi Matsusaka, Soichiro Ishihara, Keisaku Kondo, Hisanaga Horie, Keisuke Uehara, Masahiko Oguchi, Keiko Murofushi, Masashi Ueno, Nobuyuki Mizunuma, Daiki Kato, Yojiro Hashiguchi, Taiju Shimbo, Junji Okuda, Masanori Nakazawa, Eiji Sunami, Kazushige Kawai, Hideomi Yamashita, Tohru Okada and Yuichi Ishikawa

JACCRO CC-05のupdateが、ASCO-GI 2014で報告されました。

UPDATE : 2014/02/01

2014年1月にサンフランシスコで開催されたASCO Gastrointestinal Cancer Symposium(ASCO-GI) 2014において、JACCRO CC-05のupdateが、がん・感染症センター都立駒込病院 山口達郎先生より報告されました。
A phase II study of cetuximab (cet) and mFOLFOX6 in metastatic colorectal cancer (mCRC) (JACCRO CC-05).
Tatsuro Yamaguchi, Akihito Tsuji, Yu Sunakawa, Masato Nakamura, Mitsugu Kochi, Tadamichi Denda, Ken Shimada, Satoshi Tani, Akinori Takagane, Masahito Kotaka, Hidekazu Kuramochi, Junichi Koike, Kaoru Furushima, Yutaka Yonemura, Yuji Negoro, Yasutaka Takinishi, Masahiro Takeuchi, Wataru Ichikawa, Masashi Fujii and Toshifusa Nakajima

JACCRO CC-06のupdateが、ASCO-GI 2014で報告されました。

UPDATE : 2014/02/01

2014年1月にサンフランシスコで開催されたASCO Gastrointestinal Cancer Symposium(ASCO-GI) 2014において、JACCRO CC-06のupdateが神戸市立医療センター中央市民病院 辻晃仁先生より報告されました。
A phase I/II study of cetuximab (cet) in combination with S?1 and oxaliplatin (SOX) in first-line treatment for metastatic colorectal cancer (mCRC) (JACCRO CC-06)
Akihito Tsuji, Yu Sunakawa, Tadamichi Denda, Yasutaka Takinishi, Masahito Kotaka, Hiroaki Tanioka, Ken Shimada, Mitsugu Kochi, Takanori Watanabe, Masato Nakamura, Hiroto Ueda, Michio Inukai, Toshiki Masuishi, Satoshi Tani, Yuji Negoro, Tatsuya Okuno, Masahiro Takeuchi, Wataru Ichikawa, Masashi Fujii and Toshifusa Nakajima

JACCRO CC-05のupdateが、第51回日本癌治療学会学術集会で報告されました。

UPDATE : 2013/11/01

2013年10月に開催された第51回日本癌治療学会学術集会において、JACCRO CC-05のupdateが日本大学医学部附属板橋病院 東風貢先生より報告されました。
mFOLFOX6+セツキシマブ併用療法の多施設共同第II相試験(JACCRO CC-05)
東風 貢, 辻 晃仁, 中村 将人, 砂川 優, 傳田 忠道, 山口 達哉, 嶋田 顕, 竹内 正弘, 市川 度, 藤井 雅志, 中島 聰總

JACCRO CC-06の結果が、第51回日本癌治療学会学術集会で報告されました。

UPDATE : 2013/11/01

2013年10月に開催された第51回日本癌治療学会学術集会において、JACCRO CC-06の結果が神戸市立医療センター中央市民病院 辻晃仁先生より報告されました。
S-1+オキサリプラチン+セツキシマブ併用療法の多施設共同第I/II相試験(JACCRO CC-06)
辻 晃仁, 砂川 優, 傳田 忠道, 滝西 安隆, 嶋田 顕, 小髙 雅人, 谷岡 洋亮, 東風 貢, 竹内 正弘, 市川 度, 藤井 雅志, 中島 聰總

JACCRO CC-05のupdateが、第11回日本臨床腫瘍学会学術集会で報告されました。

UPDATE : 2013/09/01

2013年8月に開催された第11回日本臨床腫瘍学会学術集会において、JACCRO CC-05のupdateが相澤病院 中村将人先生より報告されました。
A Phase II Study of Cetuximab and mFOLFOX6 in mCRC including Prospective Early Tumor Shrinkage Analysis (JACCRO-CC05)
Masato Nakamura, Akihito Tsuji, Yu Sunakawa, Mitsugu Kochi, Tadamichi Denda, Masahiro Takeuchi, Wataru Ichikawa ,Masashi Fujii, Toshifusa Nakajima

JACCRO CC-05のupdateが、15th ESMO-GIで報告されました。

UPDATE : 2013/09/01

2013年7月にバルセロナで開催されたESMO 15th World Congress on Gastrointestinal Cancer において、JACCRO CC-05のupdateが神戸市立医療センター中央市民病院 辻晃仁先生より報告されました。
A Phase II Study of Cetuximab and mFOLFOX6 in mCRC including Prospective Early Tumor Shrinkage Analysis (JACCRO-CC05)
A. Tsuji, M. Nakamura, Y. Sunakawa, M. Kochi, T. Denda, T. Yamaguchi, K. Shimada, S. Tani, A. Takagane, M. Kotaka, I. Nakayama, Y. Yonemura, H. Kuramochi ,J. Koike, M. Takeuchi, W. Ichikawa, M. Fujii, T. Nakajima

JACCRO CC-05の結果が、第50回日本癌治療学会学術集会で報告されました。

UPDATE : 2012/11/01

2012年10月に横浜で開催された第50回日本癌治療学会学術集会において、JACCRO CC-05の結果が防衛医科大学校病院 市川度先生より報告されました。
切除不能大腸癌一次治療m FOLFOX6+セツキシマブ療法の第II相試験(JACCRO CC-05)
市川 度, 辻 晃仁, 砂川 優, 中村 将人, 東風 貢, 傳田 忠道, 山口 達郎, 嶋田 顕, 竹内 正弘, 藤井 雅志, 中島 聰總

JACCRO GC-03(START Trial)のupdateがESMO 2012で報告されました。

UPDATE : 2012/11/01

2012年9月にミュンヘンで開催されたESMO 2012において、JACCRO GC-03(START Trial)のupdateが岐阜大学 吉田和弘先生より報告されました。
S-1 plus Docetaxel versus S-1 for Advanced Gastric Cancer (START Trial) Update 2012
(JACCRO and KCSG study Group)
Kazuhiro Yoshida, Masashi Fujii, Wasaburo Koizumi, Hoon Kyo Kim, Yeul Hong Kim, Masashiro Takeuchi, Toshifusa Nakajima

JACCRO CC-03の結果が第9回日本臨床腫瘍学会で発表されました。

UPDATE : 2011/08/22

2011年7月に横浜で開催された第9回日本臨床腫瘍学会学術集会において、JACCRO CC-03の結果が日本大学医学部附属板橋病院 東風貢先生より発表されました。
切除不能進行・再発大腸癌一次治療におけるFOLFIRI、ベバシズマブ併用療法の本邦における第Ⅱ相臨床試験(JACCRO CC-03)-第1報-
東風 貢, 秋山 有史, 青木 達哉, 萩原 謙, 高橋 孝夫, 弘中 克治, 寺西 太, 石田 卓, 竹内 正弘, 藤井 雅志, 中島 聰總

JACCRO PC-01の結果が第9回日本臨床腫瘍学会で発表されました。

UPDATE : 2011/08/22

2011年7月に横浜で開催された第9回日本臨床腫瘍学会学術集会において、JACCRO PC-01試験の結果が順天堂大学の松村祐志先生より報告されました。
A randomized phase II study of gemcitabine plus s-1 versus gemcitabine alone in patients with unresectable pancreatic cancer
Y.Matsumura, T.Ikari, H.Ishii, M.Suyama, T.Itoi, Y.Omuro, S.Yano, K.Hanada, Y.Kimura, T.Ukita, Y.Okabe, M.Tani, T.Nakajima

JACCRO GC-03(START Trial)のupdateがASCO2011で報告されました。

UPDATE : 2011/07/15

2011年6月にシカゴで開催されたASCO 2011 Annual Meetingにおいて、JACCRO GC-03(START Trial)のupdateが日本大学の藤井雅志先生より報告されました。
Randomized phase III study of s-1 alone versus s-1 + docetaxel (DOC) in the treatment for advanced gastric cancer (AGC) (The START trial Update)
M. Fujii, Y. H. Kim, T. Satoh, H. Hosaka, T. Kim, A. Tsuji, M. Inokuchi, A. Takagane, S. C. Oh, K. Tanabe, T. Okuno, K. Chin, T. Ura, J. I. Lee, Y. Kakudo, K. Yamaguchi, S. Iijima, M. Takeuchi, H. Kim, T. Nakajima and Japan Clinical Cancer Research Organization and Korean Cancer Study Group Inter-Group Study

JACCRO PC-01の結果が、ASCO 2011で報告されました。

UPDATE : 2011/06/30

2011年6月にシカゴで開催されたASCO 2011 Annual Meetingにおいて、JACCRO PC-01試験の結果が、がん・感染症センター都立駒込病院の小室泰司先生より報告されました。
A randomized phase II study of gemcitabine plus s-1 versus gemcitabine alone in patients with unresectable pancreatic cancer
Y. Omuro, T. Ikari, H. Ishii, M. Ozaka, M. Suyama, Y. Matsumura, T. Itoi, N. Egawa, S. Yano, K. Hanada, Y. Kimura, T. Ukita, Y. Ishida, M. Tani, S. Ohoka, Y. Hirose, S. Hijioka, R. Watanabe, T. Ikeda, T. Nakajima and Japan Clinical Cancer Research Organization

JACCRO GC-03の結果が、第83回日本胃癌学会総会で報告されました。

UPDATE : 2011/04/28

2011年3月に開催された第83回日本胃癌学会総会において、JACCRO GC-03の結果が市立境病院 今村博司先生より報告されました。
進行・再発胃癌患者を対象としたS-1/DOC併用療法とS-1単独療法の第Ⅲ相試験
Hiroshi Imamura, Wasaburo Koizumi, Takuo Hara, Taroh Satoh, Hisashi Hosaka, Akihito Tsuji, Akinori Takagane, Mikito Inokuchi, Masashi Fujii, Toshifusa Nakajima

JACCRO GC-03の結果が、ASCO-GI 2011で報告されました。

UPDATE : 2011/04/28

2011年1月に開催されたASCO Gastrointestinal Cancer Symposium(ASCO-GI) 2011において、JACCRO GC-03の結果がKorea University Anam Hospital Yeul Hong Kim先生より報告されました。
Randomized phase III study of S-1 alone versus S-1 + docetaxel in the treatment for advanced gastric cancer(The START trial)
Y. H. Kim, W. Koizumi, K. H. Lee, T. Kishimoto, H. C. Chung, T. Hara, J. Y. Cho, T. Nakajima, H. Kim, M. Fujii and Japan Clinical Cancer Research Organization (JACCRO) and Korean Cancer Study Group (KCSG) Inter-Group Study

JACCRO LC-01の結果が、第7回日本臨床腫瘍学会学術集会で報告されました。

UPDATE : 2010/10/04

2010年3月に東京で開催された第8回日本臨床腫瘍学会学術集会において、JACCRO LC-01の結果が日本医科大学附属病院 野呂林太郎先生より報告されました。
切除不能ⅢB/Ⅳ期非小細胞肺がんに対するゲムシタビン+カルボプラチン投与法別併用療法のRandomized PhaseⅡSTUDY(LC01)
野呂 林太郎, 弦間 昭彦, 吉村 明修, 宝来 威, 西尾 誠人, 木村 幸男, 井上 彰, 大崎 能伸, 池田 徳彦, 坪井 正博, 上野 清伸, 今村 文生

JACCRO CC-02の結果が、第7回日本臨床腫瘍学会学術集会で報告されました。

UPDATE : 2009/10/01

2009年3月に名古屋市で開催された第7回日本臨床腫瘍学会学術集会において、JACCRO CC-02の結果が防衛医科大学校病院 市川度先生より報告されました。
進行大腸癌に対するFOLFOX4の臨床第Ⅱ相試験(JACCRO CC-02)―第1報―
市川 度, 東風 貢, 目黒 英二, 柴田 浩行, 福井 拓治, 長瀬 通隆, 星野 豊, 安達 実樹, 萩原 謙, 高金 明典, 小林 慎, 竹内 正弘, 藤井 雅志, 中島 聰總

JACCRO GC-01の結果が、ESMO GI 2008で報告されました。

UPDATE : 2008/11/01

2008年6月にバルセロナで開催されたESMO GI 2008において、JACCRO GC-01の結果が金沢大学 大村健二先生より報告されました。
Phase II Trial of S-1 plus Cisplatin for Neoadjuvant Treatment of Locally Advanced Gastric Cancer
Kenji Omura, Osamu Kobayashi, Atsushi Nashimoto, Arimichi Takabayashi, Tetsuji Yamada, Hiroki Yamaue, Masashi Fujii, Toshiharu Yamaguchi, Toshifusa Nakajima