HOME > FLADS®システム

FLADS®システム

抗癌剤開発臨床試験へのJACCROの取り組み

質の高い抗癌剤の臨床試験を効率的に実施するために、JACCROでは2002年の設立以来、インターネットによる研究支援システム(FLADS®システム)を開発し、症例の登録、治療法の割付、投与スケジュールの管理、副作用、合併症による治療法の変更、臨床データの収集と管理、解析などあらゆる臨床試験の段階で研究者を支援し、ペーパーレスで上質な臨床試験の遂行を支援しています。
具体的な取り組み内容については下記論文を御一読下さい。

抗癌剤開発臨床試験へのJACCROの取り組み
-FLADS systemによるsupport-
PDFを表示(PDF 371キロバイト)

FLADS®システムとは

FLADS®(Flexible license assisted data server)システムとはインターネットを通じて臨床試験の各ステップを実行するシステムです。
個人情報の機密性を確保しながら症例の選択、登録、割付、体表面積に基づく薬剤投与量の表示、 治療のスケジュール管理、治療の評価と記録、有害事象、合併症の出現による治療の変更、中止、 緊急有害事象報告、追跡調査が行われ、それぞれの段階で欠損値、逸脱値、不整合値などのチェックも 半自動的に行われます。
またその他に、ベースラインの腫瘍径と治療後の腫瘍径の入力による縮小率 の自動計算、ラボデータからみた副作用の自動グレーディング、各種がん取扱い規約、TNM分類の用語解説、 CTCAEなどもシステム内に組み込まれています。

試験全体の流れとFLADS®システムの利用
図:試験全体の流れとFLADS®システムの利用

以下よりFLADS®システムによる症例登録をムービーでご覧頂くことができます。

別ウィンドウで表示FLADS®システムのサンプル動画(症例登録)

FLADS®システムのメリット

半自動的、目視的な確認を行うことができ、労力と費用の削減ができます。
また、システムによる自動計算やチェックを行うことで、より安全で、信頼性のあるデータを得ることができます。
医師の入力状況を随時確認することができ、リアルタイムで試験の進捗管理を行うことができます。
症例検索機能により、様々な情報から目的の症例を、素早く、確実に得ることができます。
24時間365日登録が可能な他、治療方法の無作為割付などもシステムが自動で行うので、リアルタイムにデータを登録することができます。
投与スケジュールや投与量をシステムで管理するため、システムに沿ってデータを入力するだけになり、より簡単なデータ入力を行うことができます。
ネットワークを使って情報を提出することにより、随時センターに情報を提出でき、郵送やFAXによるリスクを解消することができます。